狭いマンションに省スペース&本格的なホームジムを作るための情報サイト

私は初めて作ったホームジムが4.5畳の洋室、そして今は5畳の部屋に2.5畳ほどのスペースを床補強し、筋トレ器具を設置して最新のホームジムを作り筋トレしています。狭い部屋でも自分だけのホームジムを作る方法、機材選びのノウハウをシェアしていきます!

狭い部屋にも設置可能!安全性の高いハーフラックがお薦め!

ハーフラック

狭い部屋でも本格的で安全性の高い、カッコ良いホームジムは作れます!そこで採用するのが省スペースで設置可能なハーフラックです。パワーラックのような立方体ではなく2本の支柱だけなので空間支配率がまったく違い圧迫感なく設置できるのが特徴です。これまで2台使ってきた経験からハーフラックがいかにホームジムに最適かを詳しくご説明しますね。

アジャスタブルベンチ

アジャスタブルベンチアジャスタブルベンチ
角度がつけられるアジャスタブルベンチは筋トレ種目の幅が数倍に広がる必須アイテムです。

IVANKOのラバープレート

アジャスタブルベンチアジャスタブルベンチ
高級ラバーを使用し臭さゼロ、表示と実際の重量誤差も小さく、プレート同士が当たるときの音も軽減。

IVANKOのストレートバー

アジャスタブルベンチアジャスタブルベンチ
精度が高く滑りにくいローレット加工も人気が高く、さらに短い1860mmサイズがあるのもポイント。

ダンベル

ダンベルダンベル
ワンタッチで重量を変えられるアジャスタブルダンベルがお薦め。場所も取らずコスパも最高です。

ホームジムの床補強

ホームジムの床補強ホームジムの床補強
高重量の器具の負荷が床に直接かからないように負荷分散するための、皆が真似する最強の床補強方法を解説します。

ホームジムの騒音対策

ホームジムの騒音対策ホームジムの騒音対策
ジムのようにガシャンガシャンとはできないのがホームジムの筋トレ。音や振動を極力出さず筋トレするポイントとは。

ホームジムの床が抜ける

ホームジムの床が抜けるホームジムの床が抜ける
数百kgの器具とプレートを乗せて、自宅の床が抜けてしまうのではと心配になる方のための床の基本を詳しく解説。

業務用パワーラック

アジャスタブルベンチアジャスタブルベンチ
パワーラック、スミスマシン、ケーブルマシンが一体化した狭いプライベートジムに最もお薦めの業務用筋トレ器具。

フィットネス人生をホームジムとともに過ごす

ホームジム運用Tips

筋肉と筋トレについて

筋トレとたんぱく質

ホームジムを作って良かったこと

ホームジムを作って良かったこと ホームジムを作って最も良かったことは時間が自由になったことです。ジムに行くと大切で貴重な時間が奪われてしまいそれがストレスだったんです。一度ホームジムをやめて24時間ジムに半年くらい通ったことがあるのですが徐々に会員数が増えていき、やはりジムで筋トレするには時間がかかりすぎると痛感・・・。 そしてまたホームジムに戻ってきて現在に至ります。

ジムへ再入会したことで感じた無駄な時間をピックアップしました。

  1. ジムへ行く時間・ジムから帰る時間
  2. 着替えや荷物を置くための更衣室へ行く時間
  3. パワーラックやベンチ、ダンベル、マシンの待ち時間

ジムの器具待ち時間があっと当て気に無駄

とにかく嫌だったのは器具が空くのを待っている時間がとられることです。もともと1回で1時間程度しかジム全般の時間が取れないので、着替えやシャワーなどを考慮すると器具の待ち時間が10分でもあると致命的だったんです。特に夜18-20時は大混雑時間帯なのでこの時間は避けて朝出勤前に行くようにしていました。24時間ジムなのに通う時間に縛られてしまうのもキツイなと思い始めてホームジムへ帰ってきました。

ホームジムは時間も節約できて最高の筋トレ時間を作れる

ホームジムに帰ってきて本当に時間が有効に使えることにここまでストレスがかからず、自分の思うように筋トレができるんだ、と改めて感動したものです。筋トレ器具も自分に合う最高のものを選んで筋トレができるわけで、もし1部屋使えるのであればホームジムを作るべきです。

ホームジムのために1部屋多い家を借りても良い

1Kでもパワーラックやハーフラックを置いてホームジムで生活している人もいます。それが無理なら1部屋多い家を借りるのも全然ありだと思います。だって毎月かかるジムの月会費がゼロになり、交通費がかかっていたらそれもゼロ、移動や待ち時間もゼロになるわけですからね。
想定家賃よりも月2万円くらい高くなっても私ならホームジム用スペースが作れる家を借りますね。無駄な時間がなくなることは本当に貴重だと思います。

記事一覧